更年期の悩み

更年期にみられる症状を治療する方法とは

女性の平均的な閉経年齢は50歳頃といわれています。50歳を挟んだ前後の10年間、40歳後半から50歳前半までを更年期といいます。個人差はありますが、更年期には体や心に様々な症状がおきてきます。体の痛みやめまい、ほてりや動悸等の症状や気分が落ち込んだりイライラしたり精神的な症状がでる場合もあります。これは、加齢によって卵巣の働きが衰えたことが原因です。卵巣から分泌されている女性ホルモンの分泌量が減少していき、ホルモンバランスが乱れて様々な症状がおこってしまうのです。
症状を殆ど感じないまま過ぎてしまう女性もいますが、治療が必要になるほど症状が重くなる場合もあります。治療が必要になるほどの重い症状を更年期障害といいます。症状が重い場合の治療は、ホルモン補充療法が行われます。ホルモン補充療法によって、減少した女性ホルモンを補います。また、女性ホルモンに似た成分が配合されたサプリメントや漢方薬で治療を行うこともあります。精神的な症状がある場合は抗うつ剤が用いられることもあります。更年期は、体の機能が低下しストレスを抱えやすい時期ですから、症状が続いた場合は婦人科等で医師に相談してみましょう。

更年期の主な治療方法

更年期の症状を軽減させるための治療方法は、現在ではある程度十分に確立されていると考えてよいでしょう。更年期の主な症状は、身体と心の両方に出てきます。身体の方は、暑い、寒い、だるい、汗をかく、ほてるなどがあり、心の方には、憂鬱感が大きな問題となります。治療方法としては、軽い内は、更年期によって身体の中に足りなくなったものを、サプリメントで補ってやるなどが必要になってきます。
また、サプリメントだけではやはり症状の緩和が見込めないような場合には、一度婦人科への通院をされると良いでしょう。更年期の症状や程度によって、処方される薬も飲み薬から、貼り薬までいろいろあります。飲み薬は緊張を和らげたり、沈み込んだ気分を明るく改善するようなものを使って治療します。また、貼り薬は体内に分泌されることが少なくなってしまった女性ホルモンの補給になりますので、特に医師の指示に従う必要性が高いので、注意を守って治療に望みます。

Favorite

最終更新日:2016/3/11