更年期の悩み

更年期かなと思ったらセルフチェックが大切

オトナの女性が感じる様々な不調の原因は、更年期が近づいているサインかもしれません。最近なんだか調子が悪いなと感じてきたら、更年期のセルフチェックを行うのがおすすめです。身体的な症状は顔のほてりや過度の発汗・息切れや動悸などの不調です。まためまいや頭痛・吐き気などが起こりやすいなどの症状も注意が必要です。さらには疲労が溜まりやすく下半身の冷えや肩こり・腰痛などを常に感じる場合も要チェックです。
それから眠りが浅くて寝つきが悪いなどの睡眠障害なども引き起こします。また精神的な症状の代表的なものは不安やイライラを感じやすく、感情の起伏が激しいなどの異変があります。これらの症状を強く頻繁に感じる場合には、更年期かもと思って対策を考えた方が良いといえます。更年期障害の治療にはホルモン療法や、漢方薬などの内服薬によるアプローチなどがあります。専門の医師による指導も元に治療を行うことで、これらの症状の改善がみられるといいます。

チェックしておきたい更年期の症状

女性が中高年くらいになると現れる、イライラや落ち込みといった不快な症状を感じることが出てきます。
更年期障害の主な原因は女性ホルモンの低下によるものと言われていることから、女性ホルモンの量を増やせてあげれば問題の解決に繋がるとされます。
そうなると婦人科を受診する必要が出てくるのですが、更年期障害の治療にホルモン療法が挙げられます。
その方法は、最初に血液検査を行い実際のホルモン量を確認します。
それがちょうどよいくらいに保たれているのであれば、問題はないとされます。 女性ホルモンというのがとても大事なだけに、その量を知ることは重要であると言えます。
自分でチェックしていく方法が見つからないという人は、定期的に婦人科を訪ね女性ホルモンをチェックすることが必要です。
不快な症状を感じながらそれを放置していても、解決に繋がらないとして早めの対策が望まれます。
自分に合った治療方法を行い、体の回復を目指します。

pickup

2016/9/6 更新