更年期の悩み

更年期には暑がりの症状が出る

更年期になった人でないと、本当に理解するのは難しいことかもしれませんが、暑がりになるなどの症状が出るのは事実です。ただし、暑がりになるばかりではなく、時として寒がりになるということもあります。寒いといっていたら、今度は急に暑いと言い出すなど、体温調節などが上手く行かなくて苦労するのも更年期の特徴のひとつであります。
人によってその症状は違いますが、顔や手足のほてりもそうですし、夏でもないのに体中から汗がふき出たり、汗をダラダラかいたり、心の動きとともに汗が連動して出たりと、本当に忙しいものです。婦人科の医師の治療や処方された薬によっても、改善は見込まれることもありますが、全てがなくなるとか、更年期前のとおりになるいうものでもありませんので、その辺りはある程度の気分転換を自分でもはかって生活するなどの工夫が必要になるところもあるでしょう。しかし、多かれ少なかれ誰もが経験をすることですので、あまり深刻に受け止めないようにすることも大切です。

更年期になると暑がりになる理由

閉経前後にホルモンバランスの崩れから起こるとされる更年期。この時期になると、暑がりになり汗が多量に出るという方は多くいます。
特に顔から汗がよく出るという方も多く、こうした症状はホットフラッシュと呼ばれます。
何故、更年期になると、こうした症状が出るのでしょうか。
更年期の様々な症状は、ホルモンのバランスが崩れることにより起こります。
そして、ホルモンバランスの崩れとともに、自律神経も大きく乱れます。
これにより、自律神経が司る発汗作用なども乱れ、暑がりになったり汗が多量にでたりといった症状が出るのです。
このような症状は、更年期特有の症状なので、気にしないことが一番です。
どうしても気になるという方は、冷えに気をつけたり適度な運動をすることが大切です。
冷え症になると血流が悪くなりますので、暑がりがひどくなる場合があります。運動は、新陳代謝を活発にするので、暑がりや発汗の改善や予防につながります。できれば毎日、長く続けられる運動をしましょう。

注目サイト

屋形船に乗る
http://www.nawayasu.com/

最終更新日:2016/7/1